あなたに届けたい生活お役立ち情報

日々の生活の中で役立つことなど紹介しようと思っています

熱中症対策

赤ちゃんの熱中症予防は母乳だけでも大丈夫!?水分補給と初期症状の見分け方!!

投稿日:2017年5月31日 更新日:

これからの季節、赤ちゃんや子供を連れて出かける場合熱中症にならないか心配になりますよね
特に赤ちゃんの場合言葉を話すことができないからパパやママがよーく気を付けてあげないといけませんね
室内ですら熱中症になるといわれる時代ですので外出中に気を付けることなどとても大事ですのでしっかりと確認しておきましょうね

スポンサーリンク

赤ちゃんの熱中症予防は母乳だけでも大丈夫!?

熱中症の予防で赤ちゃんは母乳だけで大丈夫なのかなとこれからの時期考えてしまいますよね

では実際どうなのかなというと完全母乳で与えている場合は基本的に母乳のみで大丈夫です
汗をかいたときに水分だけじゃなくって電解質といったものも同時に体から出てしまいますが授乳でしっかり水分も電解質も補えるので大丈夫ですよ

とはいっても自宅にいるときは決まった時間に授乳させることができるけど外出中は授乳室の有無で飲ませるタイミングが大きく左右されてしまいますよね

そういった場合はお出かけする前に赤ちゃんが笑顔で満足するくらいしっかりと飲ませてから出かけるようにして足りない分はミルクや白湯を持っていき合間あいまでしっかりと水分補給させてあげましょう
また、帰宅後も忘れずに授乳させてあげてくださいね。

赤ちゃんに気を配りすぎてパパやママが脱水症状にならないように気を付けましょう

赤ちゃんの熱中症対策で水分補給におすすめな飲み物を紹介

自宅にいる場合でも赤ちゃんの水分補給ってしっかりとれているか気を使いますよね
お出かけ中ならなおさらです

授乳やミルクの合間にも脱水症状にならないようにこまめに水分補給をさせたいですしそのほうがパパやママも安心です
授乳やミルク以外の飲み物でおすすめなのが市販で売られている赤ちゃん用の麦茶なんですが特に外出中は持っておくと便利でしたよ

冷たくなくても常温で十分ですので私の場合こまめにあげるようにしていました
飲ませるときはストローマグが使えるようでしたらそれに入れてあげればいいですね。
まだ使えない場合には哺乳瓶に入れて飲ませてあげるとゴクゴク飲んでくれていたのでおすすめです

赤ちゃん用の麦茶じゃなくって普通の麦茶を与える場合はそのままだと味が濃ゆいので薄めるようにしましょう
赤ちゃんの好みもあるので試してみてはどうでしょうか

他にはOS-1経口補水液も用意していたら安心かもしれません

よくテレビやCMなどでも見ることがありますがこれって失った水分や電解質を補えるんですよね
大人の飲み物だと思ってたんですが乳児も飲めるんですよね

乳児の場合は体重1kgあたり30~50ml/日接種してもいいとなっています

脱水症状などちょっと怪しいなというときに準備してあると安心かもしれませんね

赤ちゃんの熱中症で重症になる前に知っておきたい初期症状の見分け方

赤ちゃんは自分ではまだ体温調節もしっかりできません。

ですのでいち早く赤ちゃんのちょっとした変化に気づいて重症化させないように気を付けてあげたいですよね

では赤ちゃんの熱中症の初期症状の見分け方を確認しておきましょうね

赤ちゃんの熱中症 初期症状のサイン

・おしっこの量が減る
・唇の乾燥
・体に熱がこもる
・熱いのに汗の量が少ない
・だるそう

こういった何かしらのサインがありますのでなんだかいつもと様子が変だなと感じたら重症化しないように対処するようにしましょうね

私は2歳児と未満児がいるんですけどおしっこの量を特に気を付けていますよ
いつもより少ない場合は水分足りてなかったんだなと思ってそういった場合はすぐに与えるようにしてます

重症化しないようにするためにもパパやママが気を付けてあげましょうね

まとめ

これからどんどん暑くなっていきます
しっかりと熱中症対策を行ってこの夏を元気に乗り越えましょうね

スポンサーリンク

-熱中症対策
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

夏のチャイルドシートの暑さ対策とは?スプレーが効果的?背中の汗の対処とは?

これからどんどん暑くなってくると車での移動の際に赤ちゃんや小さい子供をチャイルドシートに乗せる場合暑さ対策がやっぱりきになりますよね 移動先でチャイルドシートから降ろす時に汗びっしょりだと熱中症や脱水 …

熱中症対策で赤ちゃんをベビーカーに乗せるときのおすすめのグッズは?保冷剤が効果的?

ホントに暑い日々が続きますよね。小さなお子さんや赤ちゃんを持つママはお出かけする場合、熱中症にならないように敏感になってしまいますよね 出来ればお昼以降の暑くて溶けてしまいそうな時間帯は避けたいという …