あなたに届けたい生活お役立ち情報

日々の生活の中で役立つことなど紹介しようと思っています

サッカー

3歳の子どもにサッカーを教えたい!上手く練習させるには?

投稿日:

3歳くらいになるとサッカーに興味を持つ子どももふえてくるし、子どもといっしょに大好きなサッカーをしたい!
というお父さんお母さんも多いはず!

でも3歳にサッカーを教えるのはちょっとむずかしいので、
楽しく遊びながらサッカーをスタート出来る方法をご紹介いたします!

スポンサーリンク

3歳児がサッカーを楽しむには、遊びながらが大切!?

3歳にちゃんとした練習をさせるのは、子どもにもよるけれどかなり
むずかしいです。
大事なのはお父さんお母さんもいっしょに楽しむ事!

練習という事はないしょにして、いっしょにボール遊びを楽しむ事から
スタートしてみると子どもは知らない間に楽しく練習出来てサッカーを
好きになってくれますよ。

サッカー好きで楽しく練習しているお父さんを見て、「わたしもやる!」
と練習しだす子も多いので、まずはお父さんお母さんがいっしょに
楽しんで下さい!

服装 ひざの隠れるズボンがおすすめ!

3歳はまだまだ転びます、ボールで遊ぶといつもよりたくさん転びます。
ケガをしないようひざを守ってあげて下さい。

・ボール 最初からサッカーボールは危険!

子どもが手で持ちやすい少しやわらかいボールでスタートしましょう。

・場所 芝生か、土の上がおすすめ!

ボールをけったいきおいで、後頭部から転んでしまうこともあるので
アスファルトやコンクリートの上は危険です。
もしもの時に大丈夫なように芝生か、土の上で楽しむのがおすすめですよ。

3歳の子どもへのサッカーの教え方とは?

最初からかっこよくっサッカーをするのはむずかしいので、
まずはボール遊びから挑戦しましょう!

・キャッチボール

最初は手を使ってボールにならすのがおすすめです。
子どもと向き合ってボールを転がすコロコロキャッチボールからスタート。

子どもがボールを取って返すという動きになれたら、
ワンバウンドキャッチボール、キャッチボールと少しずつ
進めて行ってみましょう!
楽しく遊びながらボールを見て反応する練習が出来ます。

・足のキャッチボール

少しボールになれて来たら足もつかってみましょう、
足でボールを止めて足でけって相手に戻す足のキャッチボールです。
単純ですが、足でボールを動かすのが上手になりますよ!

足を使いだした時、ボールを止めようとしてボールをふんで
転んでしまう子がとても多いので慣れるまでは特に気を付けてあげて下さい。

・ボール運びゲーム(ドリブル練習)

足でボールを扱うのに慣れたら、足だけでボールをどこまで運べるか
親子で勝負してみましょう!
最初はスーピドを出さず距離だけの勝負にして下さいね。

・お楽しみのシュートに挑戦!?

ちょうどゴールになる物がある場所で練習させる時には、練習の最後に
ちょっとだけシュートごっこをすると、とても楽しんでくれますよ!
「ゴール!!」とお父さんお母さんがもりあげてあげてください!!

3歳の子どもにサッカーを教えたい!上手く練習させるには?のまとめ

はじめてのサッカーは子どもがケガをしないで、「たのしかった!」で
終われたら、それだけで大成功です!

一度にがんばらないで少しずつ、いっしょに遊びながらためしてみてくださいね。
「たのしかったーまたやりたい!」の気持ちを大切に親子でサッカーを
楽しみましょう!

スポンサーリンク

-サッカー
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

関連記事はありませんでした