あなたに届けたい生活お役立ち情報

日々の生活の中で役立つことなど紹介しようと思っています

ウェディング

ご祝儀が少なかった友人の結婚式に招待された! さていくら包みますか?

投稿日:


ご結婚式にご招待されたら、先方のお幸せを願って、ぜひ参加したいものですよね。
それに、お幸せなふたりから溢れ出る『幸せのお裾分け』なんて言ういわれもありますので、可能な限り参加したいもの。

ただそこで貴方に待ったが掛かる瞬間が…。
そう、
「自分の結婚式に来てくれた時、ご祝儀をいただいた額が少なかったけど、私はその子にいくら包めばいいのか…!?」
と言う疑問。

これは本当に良く耳にする『あるある』なのです。
現に筆者も経験済み。
1人3万円のご祝儀を頂く計算で、コース料理のグレードや引出物の金額を決めていくので、
ご祝儀が想定外に少ない場合は、ショックもとっても大きくなりますよね。

今回は、そんなご祝儀の「どうしよう?」についてお話ししてみたいと思います。

スポンサーリンク

結婚式のご祝儀、1万円でもいいの!?

基本として、ご友人や会社の親しいメンバーなどの場合、ご祝儀はやっぱり『3万円』です。

ただし!
『自分の結婚式に来てくれた時、その方のご祝儀が1万円だった』などの場合、話は別になります。

みなさま、「自分だけ多くお渡しするのも…」とか、「同額でないと逆に失礼なのかしら?」とも思われる方もいらっしゃいます。
そんな時は、下記を参考になさってくださいね。

Plan A. 金銭的・お気持ち的に余裕がある場合:

は、何も言わず気持ちよく『3万円』を包んであげましょう。

Plan B. ご自身がいただいたご祝儀の額と同じ『1万円』を包む場合

お金を入れる封筒の裏面か小さなカードなどに、「この度はご招待ありがとうございます!私の結婚式の時も来てくれて本当にありがとう。○○ちゃんと同額を入れさせていただきました。また一緒に遊ぼうね。」など、少しフォローメッセージを書いて封入しましょう。

Plan C. 列席者は『3万円を包むのが基本』と言う常識を大切になさりたい場合

「親族の結婚式と重なってしまって…」などと理由をつけ、結婚式は欠席させていただき、『お祝い』としてご自身がいただいたご祝儀と同額の『1万円』をお渡ししましょう。

結婚式のご祝儀、2万円にする意味とは?

最近、この2万円と言うご祝儀が増えているのをご存知ですか?

2は割り切れる数字とも言われており、以前は失礼に当たっていたのですが、
現代では、「3万円はどうしても出せないけれど、1万円では少なすぎるし…」と、『2万円のご祝儀』がとっても多いのです。

特に、女性の場合、3万円のご祝儀を用意して、ドレスやバッグ靴などを購入し、
ヘアメイクも美容院でお願いして結婚式に臨む…と言うのは正直10万円仕事になる場合も多々あります。

学生さんの場合や、社会人でもまだ働き始めたばかりの
ご友人さまなどは3万円のご祝儀はやっぱりきつい!

それで、2万円のご祝儀になさる方も多いのです。

もし、貴方のご結婚式の際に、ご祝儀を2万円でいただいた場合は、同額のご祝儀になさっても構わないと思います。

その場合は、1万円札2枚よりも、1万円札1枚+5000円札2枚の、
合計が3枚になるように封入して差し上げると良いかと思います。

そして、そして、小さくで構いませんので、先にお話しした
「本日はご招待ありがとうございます!私のお式も来てくれてありがとう!
○○さんと同額を入れさせていただいております。また家族共々よろしくお願いします。」
のようなフォローメッセージをつけてあげてくださいね。

ご祝儀が少なかった友人の結婚式に招待された!のまとめ

ちなみに、最近は仲の良いご友人であればあるほど、事前に
「ご祝儀3万円じゃキツくて、2万円でもいい?」
「全然いいよ〜!」
「私の時も同じでいいからね!」
などのやりとりをなさって、ノンストレスなご祝儀やりとりをされる方もいらっしゃいます。

昔の考え方とは大きく変わってはいますが、筆者はそれが悪いことだとはあまり思いません。

最も大切なことは、ご結婚式をされるおふたりが、ゲストに祝福してもらい、
また祝福をくださったゲストへ日頃からの感謝の気持ちをお伝えすることだからです。

そう考えると、上記の様な『1万円』や『2万円』のご祝儀でも、
当事者間で不義理がなければ、全くもって問題ないのです。

ですので、素直に、「私の時にくれた額と同じ額包んだよ〜♪」と言う形でもアリかなと思います!

スポンサーリンク

-ウェディング

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。

関連記事

遠方で結婚式をする場合、 会場ってどうやって決めたらいいの!?

ご婚約中のカップルの皆さまこんにちは。 この度はご結婚誠におめでとうございます! 例えば、 「今住んでいるところではなく、地元で結婚式を挙げたい」 とかその他にも色々な事情で、 ご自分たちの生活拠点か …

フラワーガールやリングボーイの衣装は どう決めるのがベスト!?

ご結婚式の日程がお決まりのそこのカップルの皆さまこんにちは! この度はまことにおめでとうございます♪ 挙式時にフラワーガールやリングボーイの演出をお考えでしょうか。 きっと愛らしいお子様のお姿に、おふ …

北海道の冬の結婚式にお呼ばれしたら、 どんな服装がオススメ!?

ご結婚式にお呼ばれしたそこの貴方さま、この度は誠におめでとうございます! ご招待をお受けになった時、一番ワクワクし、そして悩むと言っても過言ではないもの、それがお洋服ですよね。 今回は特に的を絞って、 …

結婚式の招待状の返信ハガキに 切手が貼ってないんだけど、どうしよう!?

ご結婚式の招待状が届いて、 「さぁ書くぞ!」とちょっぴり緊張しながらも書き終え、 宛名面を見てビックリ!! 「あれっ?切手が貼られていないよ〜!?」 結局ご自身で準備しなくてはならない…。 そう、こん …

結婚式の受付人数って3人がベストって、本当!?

ご結婚式が目前にせまっておいでの、そこのご新婦さま!この度は誠におめでとうございます♪ 今回は、受付の人数についてですが、通常よく見かける光景としては、ご新郎さま側とご新婦さま側のそれぞれに2〜3人ず …